循環型社会の構築をめざして 滝沢・雫石環境組合

組合の概要

TOP > 施設について > 組合の概要

  1. 名称 滝沢・雫石環境組合
  2. 一部事務組合 2つ以上の地方公共団体が、その事務の一部を共同処理するために設ける特別地方公共団体(地方自治法第284条)
  3. 組合を組織する地方公共団体 滝沢市及び雫石町
  4. 組合の事務
    1. 一般廃棄物(し尿、浄化槽汚泥を除く。)を処理するための施設(両市町が管理する施設を除く。)の管理運営に関すること。
    2. 一般廃棄物処理計画の策定並びにこれに基づき行う一般廃棄物の収集、運搬及び処分に関すること。
    3. 法律及び岩手県条例に基づき両市町が行う廃棄物の事務に関すること。
    4. 特定防衛施設周辺整備調整交付金により整備した柳沢地区多目的運動施設の管理運営に関すること。
  5. 組合の組織 ⇒組織図H26.4.1~
  6. 組合事務所の位置 岩手県滝沢市鵜飼55番地(清掃センター所在地:滝沢市大石渡332番地2)
  7. 設立年月日 平成22年10月1日(平成26年1月1日滝沢の市制移行に伴い名称変更 旧名称:雫石・滝沢環境組合)
  8. 管理者 柳村典秀(滝沢市長)
  9. 組合議会 両市町議会議員6人により構成(滝沢市3人、雫石町3人)
  10. 職員 条例定数6人現員6人(平成24年4月1日現在)
  11. 予算(平成28年度) 15億6392万円(当初予算)(歳入の主な内訳:両市町からの負担金)

⇒トップページへ戻る