循環型社会の構築をめざして 滝沢・雫石環境組合

集団資源回収のすすめ

TOP > ごみについて > 集団資源回収のすすめ

ごみ減量のための取り組み

集団資源回収

集団資源回収を実施すると・・・

資源の再活用
  • 資源や自然の保護
  • エネルギーの節約
ごみの減量
  • ごみ処理費用の削減
  • 埋立処分場の延命化
コミュニティづくりと環境教育
  • 地域の親睦を図る
  • ものを大切にする心を育てる
集団資源回収は、はじめの一歩

私達が生きてきた20世紀。大量生産、大量消費、大量廃棄の時代を築いてしまいました。私達が捨ててきたごみは、同時に私達の住む環境に大きな負担をかけてきました。

これからは、地球環境を大切にし、子供達が将来安心して生活できるように、ものを使い捨てる社会から、ものを大切にし、循環させる社会へライフスタイルを変えていかなければなりません。

ごみの減量は、その実践に大きな役割を果たすことになるでしょう。

まずは、身近なところから具体的に行動を起こしてみませんか。

集団資源回収奨励金制度について(滝沢市内のみ)

奨励金交付対象

営利を目的としない滝沢市内の団体(自治会、子供会、婦人会、町内会、老人クラブなど)で、集団資源回収を行っていること。

※雫石町内の方の奨励金制度については雫石町役場環境対策課にお問合せください。

交付金額(平成28年4月1日より改正)

次の1~4までの合計金額が交付金額となります。

  1. 実施回数割・・・集団資源回収1回実施につき500円(1年に6回まで交付します)
  2. 古紙・古繊維・・・・・・1kgあたり5円
  3. 金属・雑びん類・・・・1kgあたり5円
  4. リターナブルびん・・・1本あたり3円
  5. 上限 年間5万円まで交付します(1団体当たり)

集団資源回収事業実施団体登録

書類は、滝沢市役所環境課窓口にも置いてあります。

登録の際には、次の2つを必ずご持参ください

  • 通帳の表と表の次のページのコピー
  • 団体の又は、団体の代表者の印鑑

これらを1つでも忘れると、その場で受付できませんのでご注意ください。

なお、上の2つ以外にも、書類に集団資源回収の実施予定回数と実施予定月、及び団体代表者の住所・氏名・電話番号を必ず書いていただきます。

前年に登録をしていても必ず毎年登録が必要です。

※その他、集団資源回収時の詳細事項につきましては、登録時に説明いたします。

集団資源回収の手引き(「登録届」様式あり)

集団資源回収を実施したら

資源回収業者に仕切伝票を渡し、必要事項を記入、捺印してもらってください。

組合に提出するのは、仕切伝票のうち、奨励金請求書です。団体代表者の住所・氏名・電話番号・印鑑も確認の上、提出ください。

提出いただいた奨励金請求書は、月ごとにとりまとめ、提出月の翌月中旬頃に口座振込となります。

※組合より振込通知書がハガキで届きますので、振込日はそちらでご確認ください。また、金融機関等の都合により振込日が2~3日ずれる場合もありますので、ご了承ください。

補助制度

上記の奨励金のほか、集団資源回収活動を支援する補助制度として、資源物置き場の設置に対する補助金制度があります。
詳しくは次のリンク先からご覧ください。

⇒トップページへ戻る